MENU

TPM(Tokyp Pro Market)上場支援いたします

 

東京証券取引所 第5の上場マーケット TPM上場支援


マザーズ、ジャスダックに続く、第5の上場マーケット 東京プロマーケット

まだ、一般にはあまり知られていませんが、東証上場のひとつです

 

しかし、この市場への上場は極めて簡単!

売り上げ規模2億円でも上場可能

最短半年、通常1年程度で上場可能


上場するとどのようなメリットがあるのでしょうか?



4桁の上場コードが与えられ、セレモニーも行える

融資の個人補償は外れる

新規銀行融資、VCからの調達が容易に

社会的ステータスが上がる

採用が楽になる

外部から優秀な人材を入れられる

後継者問題が解決できる


などなど、これ以外にも様々なメリットが得られます



弊社は、主幹事会社として、一番実績のある

「フィリップ証券」

と提携しています


一度ご相談いただければ、全国どちらでも説明にお伺いするご用意があります

セミナー開催も行いますので、お気軽にご連絡を



 

Tokyo Pro Marlet 上場支援

最新記事

仕事上、法律的な立場からのアドバイス等も多いため、 今回、顧問弁護士との契約を締結しました。   菰田綜合法律事務所   https://www.komoda-law.jp/   なぜ、福岡の弁護士事務所と? と聞かれますが、私ども

助成金は難しい、面倒だと思っている経営者の皆様。 簡単に助成金をもらえる方法があります。   それは、弊社にお任せいただくことで実現可能です。   簡単なチェックシートお答えいただくだけで、 いくら支給可能かお見積りいたします。  

H29年度助成金の概要   4月から新年度が始まりました。 今年の助成金でのポイントは、(生産性要件」を満たすかどうかです。 直近の決算数字とその3期前の決算数字から、 生産性が6%以上アップしていればクリアします。 そうすると、助成金

6年目に突入の、ものづくり補助金が11月には公募開始の予定です。   今回も金額は前回同様3000万、1000万、500万の3枠となります。 目玉は、新規雇用や賃上げをした場合、 1000万と500万の2枠は倍額になります。 さらに、最低

補正予算成立により、新しい助成金が公募されました。   高年齢者対策の目玉である、定年延長です。 65歳以上に定年を延長した場合に、最大120万円支給。 雇用継続制度の場合は、最大80万円支給。   ただし、60歳以上の従業員が1名以上

業務改善助成金が大幅に変更になりました。   10月からの、最低賃金アップに伴い、全国の最低賃金の平均が800円を超えます。 それに伴い、業務改善助成金の要件が大幅に変わります。   時給800円未満 ⇒ 時給1000円未満   時給



© 2018 ビジネスエージェント All rights reserved.